Blog

ゴルちゃん日記《1》

2019年6月27日更新

突然思い立ったのでゴルちゃん日記書きます。

もう知っている方も増えてきたのではないかと思いますが、私はGretsch ’60 6120とBlastcult NC/DCを両方メインギターとして使ってます。

色んなところで話したことはありますが

使い分けは Gretsch(ブロさん)は私のソロワークで、Blastcult(ゴルちゃん)はラーナーズで、というふうに使い分けてます。

ゴルちゃんはラーナーズのライブ(ほとんどスポーツ?)に余裕で耐えきれる強靭な肉体&バンドカラーにぴったり、

ブロさんは自分が主役じゃなきゃ嫌だと言うわがままビンテージおじさんなので、私がソロで歌うときのステージに登場します。

 

ゴルちゃんのことに関しては、好きがたくさんありすぎて書きたい事は山ほどありますが、

まず最初になんで名前がゴルちゃんなのかというと、ゴールドだからです。

ギタマガの担当さんは苦笑いしてました…

 

ブロさんが折れてしまった時に救世主としてアメリカから飛んできてくれたヒーローなので、2018年の4月から使ってます。もう1年過ぎてた。

いつもありがとうゴルちゃん。

そのほかのまつわるお話などはまた思いついたら書きます。

なぜ突然ゴルちゃん日記が始まったのかというと、

じつは、先週の豊橋→京都で

2日目の京都のリハ前にケースを開けてみたら

「?!?!?!」

なにか見たことのない傷がある!?

ついにやってしまった………

と思うくらいの傷を発見してしまったからです。

前に野音でハデにコケてボディについたすり傷とは、比べものにならないくらいの危険な香りが。

怪我した場所がジョイントなので、木と木の接合部がずれてたりひびが入っていたりしなければいいけど。

塗装も接合部だけ浮いてるし怖すぎ。

人間で言えば、首…よりも、腰、かなぁ?

とにかく重要なところなのは間違いない。

 

よーく見ると、かけてしまった部分は、ゴールドの塗装→白い硬そうなもの→中の木が見えてるという感じでかけていたので、

もしかしたら塗装が剥がれただけかも?と、わたしは都合のいい妄想を始めましたが、

とても気になるのが斜めに跡がついた塗装の動き。

小さい脳みそで一生懸命思い出してみたら、京都のライブで

ブレイクでおもいきりふりかぶったら、コーラスマイクにヘッドをゴン!って

スゴイ勢いで当てちゃった気がする。

 

さすがにSNSには載せられないし、トミーさん(ブラストカルトジャパンのアニキ)に会わせる顔がない…

この傷を発見してから、怖くて一週間はとりあえず見て見ぬ振りをしてみましたが、

一週間後の小岩のライブで、やっぱり逃げてちゃだめだと決心。

ライブが終わったらその足でトミーさんの居る事務所に直行。

 

ゴルちゃんをしばらく見て

「あーこれは塗装(剥がれ)だけですよ、木は問題ないと思う」

とのお言葉。

よ、よ、よかった〜〜〜〜!

傷口から見えてた白い硬い部分はどうやらバインディングだったみたいでした。

なんらかのアクションで木に力がかかった時に塗装のヨレ?も発生したみたいで斜めに跡がついてるのもそのせいかな、と。

もし万が一木が反ってきたらまた直しますのでと言ってくれて

めちゃくちゃ安心。

この欠けてる部分と塗装も、直すなら直しますよーとも言ってくれたので、直すかどうかはあとで考えるとして

とりあえず、大ごとにならずよかったと

心の底からほっとしたのでした。

 

 

ついでに、前から直さなきゃと思っていた、トーンのノブの緩みを直してもらったり

ピックアップを磨いてもらったり

一年ぶりに人に優しく撫でてもらったゴルちゃん。

トミーさんの作業はバイクいじってる人みたいな感じで、大事に大事に細かく作業する感じではないし、良い意味で日本人ぽくない所が好き。

いつも言ってくれるのは、道具なんだからぜんぜんイイでしょ。って言葉。

ビンテージのブロさんとはまたちょっと違う向き合い方でゴルちゃんに接してはいましたが、その言葉はいつも頼もしい。

やはり、そういう愛し方もあるのだ。

 

ビンテージのグレッチと

ブラストカルトのNC/DCユーザーとして

この二本を扱えているって事に、つくづく幸せを感じるのでした。

だってこの二本カッコ良すぎる。

そういう意味では、アーティストとして、ギタリストとして、カッコよく居れているとは思うし、自分がもし中学生だったとしたら、その中学生の自分にこのふたつのギターをカッコイイなと思わせる事はできてるだろうなとは思う。

売れているかどうかは別としてだが。

だからもっと、目一杯音を出してあげようと思ったのでした。

 

ゆっこちゃんに知らぬ間に撮られていた、ゴルちゃんを心配している写真をどうぞ。

 

それではまたライブハウスで!

コメントをどうぞ(※コメントは管理者の承認後に反映されます)

内容に問題がなければ「コメントを送信」ボタンを押してください☆