Blog

白いRAT

2021年9月18日更新

先日、有難いことに収録の現場にて職人さん達の中にひょっこりと混ぜていただきました。

意外かもですが実はわたし、スタジオミュージシャンには昔から憧れがあって(自分は技術は全然ないのだが…)、今でもそういうお仕事されてる方を尊敬しているので、とっても嬉しかった。

バンドの世界とはまたガラリと変わって、資料ひとつにとっても、こんな感じなのか!と学ぶことばかり。

演奏する場所からメインのアーティストさんまでの距離がかなり離れているのが新鮮、これが本物のバックバンドというやつか、と学び。初めてのイヤモニに苦戦しながらも学び。(マスクとイヤホンが絡まってタイヘンな時代!)

そして何よりみなさんの人柄の良さが滲み出るチームのムードに安心と学び。こうやって作っていくんだなあと感動。

アーティストさんとバックバンドの関係性についても学びだった。

メインとして矢面に立つ人の格好よさも、後ろでプライド持って支える職人さん達の格好よさも、両方知っちゃったわよ。こんなに贅沢な体験をさせてもらえて、私はなんて恵まれているんだろう。

当たり前だけど全員に、それぞれの美学があるし努力してきた道がある…。私はそのどちらの立場も、心からカッコイイと思う。だからあまり分断されないとイイのになとも少し思った。

そして初めて会ったばかりの人達が、全員音楽というものひとつだけで繋がってる3分間が、魔法みたいでグッときた。

 

1週間前に決まってから当日まで、ずーっと不安で大変だったけど、本番は楽しく出来、ひと安心…そしてたくさんの刺激を貰った貴重な経験でした。

そうそう、この収録の曲を弾く為に、生まれてはじめてRATを買って踏みました。しかも白。踏んだらびっくり、なんて使いやすいんだと(笑)グレッチでもあまりハウらずいけました。どうりで人気者な訳だ。

ありがとうRAT!助かった〜!

[コメントを投稿する]

OUTSIDER アートワーク

2021年9月14日更新

アルバム”OUTSIDER”がリリースされ、たくさんの方が聴いてくださっていてうれしいです。ハッシュタグ #chiehoriguchi  #デスジェン(←浸透しているのか?笑)で全部見てますので、書いてくれてる方、ありがとうございます。

思いもよらない方がいいねーと言ってくださったり、レコード屋さんが書いてくれたポップなどを見ると、心が温かくなる。感慨深い思いです。

実の父親にはリリース前に、ガチのダメ出しを喰らっていたので(厳しすぎる)余計にほっとしました。

 

さて、CDのアートワークについて。

今回デザインを担当してくれたのはラーナーズでもお世話になっている、KINKさん。

写真は、ずっと憧れていた写真家さん、鈴木嘉樹さんに撮ってもらいました。

嘉樹さんの写真を初めて見た時は、大好きな音楽を聴いた瞬間のように胸がザワつく感じがした。この人絶対、おんなじものがすきだ!と、生意気ながらも、確信して。一瞬で大ファンになったのだ。

ソロのファーストは一度しかないから、自分の挑戦も込めて一か八か、賭ける思いでお願いしようと決めた。

が、そこからの道のりは険しく、予算の問題、業界の違いだったり、梅雨明けを待たなければならなかったりと、色んなハードルが待ち受けていた。梅サンに支えられながら、時に胃が痛くなりながら(笑)、なんとか、やっとの思いで撮ってもらえたのです。

撮影当日は、どうしても朝の陽の光が必要だったので寝ずに移動して撮影、お昼に仮眠して夕方にまたちょこっと撮影、という感じだった。過酷だったけど、その過酷さもまた楽しかった。

嘉樹さんに撮られている時間は、無言で、ひたすらやさしい時間が流れる。なにもしゃべっていないのに不思議と、あぁこの人はめちゃくちゃ優しい人だと感じた。私は全然モデルさんみたいに出来ないけど、心ではセッションしている感覚だった。

その場でどんどんアイデアが湧き出てくる天才っぷりを目の当たりにしては驚き、音楽の趣味を聞いては嬉しくなり、アメリカを旅した話を聞いてはワクワクしたりと、大忙し。もう私は、一生の宝になる出逢いを手に入れた気分だった。この人のセンスや、作るものの側にずっと居たいと思わされる、芸術家としての刺激もたくさんもらった。

 

更には、日本語のフォントがどうしても好きになれなくて、締め切りギリギリで、手書きの文字を徹夜で書きまくる、という修行もやってのけた。これは多分、KINKさんも相当大変だったと思う・・・最後の最後までわがままを聞いて貰えて、感謝しかない。

 

私にとって、音楽とスタイルは切り離せないもの。

心強いおふたり&梅サンのおかげで、OUTSIDERのアートワークも、心から自信を持ってみんなにカッコイイでしょ!これ見て!と言えるものができたと、自負しています。

サブスクで聞いてもらえるのもとっても嬉しいけれど、”モノ”もいつも通り、かなりの熱量で作っておりますので

たくさんの思いとエピソードが詰まったジャケットとブックレット、

ぜひ手に取って音楽と一緒に感じてもらえたらうれしいです。

 

 

[コメントを投稿する]

OUTSIDER Release Day

2021年9月8日更新

9/8、本日無事にソロデビューアルバム”OUTSIDER”を発売することが出来ました。

ここまで来るのに大変な道のりだったけど、無事にリリースでき、ほっとしています。

 

ラーナーズをはじめ、関わってくれた全てのひとに、心から、感謝!

 

 

アルバムリリースに伴い、レコ発も決定しました。久しぶりのバンドでのライブになります。

ぜひチェックしてみてください!

 

10月29日 (Fri) 新代田FEVER
open 18:30 start 19:00
前売 3,500円+1D 当日 4,000円+1D
CHIE HORIGUCHI & DESPERADO GENTLEMEN
Special Guest : ヒックスヴィル

チケット:9月11日よりe+にて販売開始
https://eplus.jp/sf/detail/3489130001-P0030001

[コメントを投稿する]

Desperado Gentlemen

2021年9月7日更新

レコード屋さんでは、フラゲできるお店はもう並んだかな?わたくしのソロデビューアルバムが9/8に発売されます。今日は、アルバムの録音やライブ演奏も含め、私のやりたい事を支えてくれている頼もしいメンバーについて。

 

Desperado Gentlemenと名付けられた、百戦錬磨の最強集団。(ハッシュタグは#デスジェン)

メンバーは

Pedal Steel Guitar  宮下広輔(PHONO TONES)

Double Bass  北島紘行(THE RODEOS)

Drums  中村”MR.MONDO”匠(THE NEATBEATS)

 

ウルフベイツ後、ソロになって一番最初に声をかけたのはベースの北島紘行(以下キタジ)。キタジは10年以上前に対バンして以来仲良くなり、前からなにか機会があったら一緒にやりたいねと話していた。でもさすがのわたくし、ただ仲が良いからだけでは誘わない。彼は革命的なウッドベーシストなのだ。ロカビリーやサイコビリーのようなスラップもこなし、指弾きではまるでエレキベースかのようなフレーズを軽々と弾いてしまう。そこには楽器やジャンルの境界線や限界が無く、無限の可能性を秘めているプレーヤーなのではないかと思う。限りなくエレキベースに近いウッドベース、という感じ。オンリーワンを追求しているところが格好いい。

 

 

ビシバシくるビートを叩いてくれているのは、デスジェンの名付け親でもある、MR.MONDO(以下モンさん)。ニートビーツは昔から大尊敬しているバンドなので、もはや私がアレコレ言える立場ではないのだが。モンさんドラムは、まるで車のエンジンかのように下からズンズン、ドドドド、と突き上げてくる。初めて見た時は鬼気迫るエイトビートに度肝を抜かれ、凄すぎて笑ってしまったほど。モンさんがドラムを叩いてくれると、こちらも、すごく上手いバンドの人みたいになれるのである。そしてもう一つ、彼はボーカルの呼吸、意思を読む職人さんなのだ。その美学には脱帽させられるばかり。

 

 

そして私のプロジェクトにおけるキーパーソン、ペダルスティールギター宮下広輔(以下みーやん様)。ウルフベイツ期からずっと、ペダルスティールを入れたいとは、ぼや〜っと思っていたのだが、ある日偶然の対バンで出会い、一目惚れしてしまった。(赤面)突然私の前に現れた運命の人!いくら払ってでも良いからどうしても彼と一緒にやりたい!と思ったのだった。ビビビと。みーやん様のペダルスティールは、どんな時も、心の奥深〜いところに優しく訴えかけてくる。限りなく歌に近い、感情的な音。ライブで生で聴くと、その音色だけで自然と涙が出てくるの。でも、優しいお兄さんかと思いきや、RoadrunnerやWatch Your Backみたいな曲もバキバキに攻めてくれて・・・彼もまた、無限の可能性を秘めたプレーヤーなのです。好きすぎてツライわ!

 

そしてバンド名にあるように、全員アウトサイダーな紳士なのだ。こんなに素晴らしいメンバーと出来て私は本当に恵まれています。一緒にやってくれて、心から、ありがとうを贈ります。

みなさまにも彼らの演奏を楽しんでもらえますように。

[コメントを投稿する]

発売前夜

2021年9月6日更新

わたくしのソロデビューアルバム「OUTSIDER」が9/8にリリースになります。いつから店頭に並ぶのかしらね・・・とそわそわしている。実はこのアルバムは2020年に出す予定だったので2019年から準備していたと考えると、結構な時間が経っている。ソロアルバム出しますよと発表してから、のんびりのんびりの進行になってしまったけれど、やっと発売できる事が、シンプルに嬉しい。

 

全13曲。前やっていたウルフベイツ期からライブで歌い続けてきた曲もあれば、バンドを辞め1人になった時に作って歌っていた曲、コロナ禍に入ってから完成した曲も半分くらいある。自分にとっては音楽的にも全て繋がった一本道という感じ。とってもいいものができたなと思う。

 

それでも、世の中に出るということは、色んな捉え方や感じ方をされるだろう。分かる人にだけわかってもらえればよいのだ、という姿勢で作ったものの、正直周りの評価がこわくなるときだってある。どんな評価がやってきても、出来るだけフラットに立っていられるように踏ん張ろうとおもう。自分が一番自分の作品を愛してあげようとおもう。

 

インタビューで全然話す機会はなかったけどOUTSIDERという言葉には、メインストリームから外れた、独自の考えを持って生きる人というように限定された印象もあれば、反対に、実は誰もが持ち合わせている感情にもなり得るのでは、という可能性も感じている。

それは、「私はあなたとはちがう」と思う事だったり、「これだけは譲れないわ」と思う事だったり。もっと言うと「私だけを愛してほしい」という感情にもつながっていたり。そこには全て”独り”があり、孤独がある。なにか人にとって必要な、強いエネルギーのような気がしている。人間も音楽も国も歴史も、一言じゃ片付けられない複雑なもの。

色んな角度から色んな人に、どんなストーリーでもいい、あなたの感じ方をして貰えたらいいと願ってます。

[コメントを投稿する]