Blog

12/19(土)恵比寿Liquid Room

2015年11月1日更新

image

 

わたしが今まで生きてきた中では、いまのところ、一番の舞台だと思ってます。Liquid Roomの出演が決まりました。

Learnersの他のみんなは、もうすでに凄い人達だから慣れているだろうけど、わたしにとっては特別!なステージです。

キャパが広いということもそうだけど、なにより、SHERBETSと一緒のステージに立てるということ。。。

高校生の頃、浅井さんのギターマガジンのインタビューを読んで、Stray CatsのBrian Setzerという人を知って、BrianのCDをジャケ買いする時も、一番浅井さんに似ているジャケットを選びました。。わたしとロカビリーを出逢わせてくれた人。

最初は浅井さんに憧れてグレッチを買ったし、だからずっとグレッチもテネシーだったの。

この音楽が好きだから私は無敵だ!と思っていた。

やっぱり、私もそういう人になりたいな…って最近すごくよく思います。歳をとってきたからなのか…(ひそひそ)もう、自分は誰かに与えられてばっかりは卒業しなくちゃ。

古い音楽が好きだとそれぞれのシーンごとに、いかにホンモノに近いか、に重きを置く人達もたくさんいて、もちろんその人達も物凄くかっこいいしそれも生き様の一種だから私は大好きだけれど、でも自分は、浅井さんみたいに、10代の子に衝撃を与えられる人になりたいなぁ。あぁわたし、そうなりたかったじゃんって、なんか一番大切なことを思い出した気がする…。

私も、この音楽があるから無敵だ!って思ってもらえるアーティストになりたいです、ギター弾きとしても。

だから、12/19は、浅井さんに自分を見てもらえるかも知れないからかっこいいライブをしよう。じゃなくて、浅井さんみたいに、若い人にかっこいいって思ってもらえるライブしよう。絶対にヤングロッキンを増やす!

一生ロックンロールに取り憑かれて生きてやる!

こんな機会を与えてくださった、大貫さんを始め関係者のみなさん、そしてLearnersのみんな、ほんとうにありがとうございます!

image image

コメントをどうぞ(※コメントは管理者の承認後に反映されます)

内容に問題がなければ「コメントを送信」ボタンを押してください☆