Blog

ブロさん日記➈

2016年9月30日更新

image

この前のモッチェさんツアーで、ブロさんとゴールドトーンの組み合わせに慣れてきたので、9/27のラーナーズのライブでもゴールドトーンを使ってみました。

image

タイチさんの大爆音に勝てるだけの、出力が足りないか・・・?!とも思いましたが、

フィルタートロンが歪んで潰れちゃわないくらいのギリギリまで音量上げて、敏腕PAギダたんの力を借りつつやってもらったら、意外といけたかも。と思いました。

でもブライアンさんも、スリムジムさんの音量に負けないようにということであのベースマンになったみたいなので…

どうでしょうかね、ゴールドトーンでやりつつ、アンプ探しも視野にいれなきゃですかね。

 

嬉しかったのは、終わったあと、タイチさんがギターの音良かったね!って言ってくれたこと。一番上のお兄ちゃんに褒められた感じです。梅さんも音が良かったね!って言ってもらえました。

音が良かったね、と言われると、ブロさんが褒められている、という感じが、なんというか、この上なく嬉しい気持ちです…。

 

実はひとつ前のライブのBAY CAMPでは、自分の中で、ブロさんのいい音を出し切れてあげられてなくて、物凄く悔しかったのです。

今回は、ゴールドトーンは出力の不安があったけど、思い切って挑戦してみて本当に良かったと思います。

いい音を作るというのは、今までの固定概念や頭で考えがちな知識を、全く取り除いて

その時出てる音を自分の耳だけで判断するっていう事と、

失敗を怖れずに、ダイナミックに挑戦することなのかなぁと

ちょっと学びました。

弱気になったら負けなんだなと。

モッチェさんバンドやケイシさんバンドだと、ほとんどフロントが主体だったけど、ラーナーズでは、センター主体で行けたことがすごく私的に嬉しかった。センター主体でいけたら、フロントもリアも自分の気持ちとリンク出来るからね!

ブロさん…、今月中にひとつの目標を達成出来たね…と心の中でそっと呟いたのでした。

image

以前ブリッジを変えた時に痛かった出っ張ってる棒も、削ってもらって一安心。

image

弦は、モッチェさんツアー中に、ブラストカルトの弦に張り替えました。

imageimage

この弦、初めてアンプ直で音を出した瞬間、気持ちよくてずっと弾いていたくなって、これが魔法ってことか……と、ニクくなりました。笑

なんでなんだろう?なんか、ビンテージグレッチのキラッとした低音弦のいい音の感じが最大限に出たんだよなぁ。素直!って感じ。そしてアーニーより全然長持ちする気がする。

今のペグのめっちゃ低いポストの感じでも、テンションがゆるめなのでチョーキングしやすくてギター!!!わたしギター弾いてる!!って感じになってテンション上がりました笑

ただ、本気で右手を強く弾いてしまうとバーブリッジから外れてしまう事が何回かあったから、ちょっとこれから要研究です。だいぶ右手のコントロールに慣れてきたけど。

image

ブロさんのシリアルナンバーを載せて

今日はおしまい。

ペグ交換はもうちょっと悩みます!

ブロさん日記➈」のコメント

  1. 岡 国男 より:

    ベースマンにしてブライアン・セッツァーよりカッコイイ音を出しちゃえば、CHIEさんならできる!

コメントをどうぞ(※コメントは管理者の承認後に反映されます)

内容に問題がなければ「コメントを送信」ボタンを押してください☆