Blog

ブロさん日記⑯

2016年12月21日更新

今日はブロさんと12/24のクリスマスライブのゲネプロでした。やっぱり、ブロさんが一番。いのちと同じくらい大切だなあと改めて思いました。

image image

足元の愉快な仲間たちも調子が良さそうです。

今日は色んな楽器の方々と初めましてでしたが

みんなで合わせたら、ものすごく豪華な音になって、私はそれがはじめての体験だったので、

そんな、美しくて力強い音の中に居られる事が幸せすぎて、音楽が好きすぎて、ここは天国みたいだと本気で思いました。

今日もリハーサルでメンバーのみなさんと演奏して学んだ事がたくさんありました。

楽器を鳴らすときは、鳴らすか鳴らさないか!!そこに意志がない音は絶対ナシ!!!!

楽譜は死んでも覚えなさい!!!!!

修行。。。

 

百戦錬磨のみなさまに囲まれて、

わたしはいま、とっても貴重な体験をしています。

ブロさんとこの体験が出来てよかった。。。

誘っていただいた某ロックスター様と、繋げてくれた某ロックンロールキッズ様に、大感謝です。

image

image

最近弦の死ぬペースがすこぶる早いのでまた今日も弦を張り替えました。

湿度調節のあの布は、果たしてどんな効果があるのか、目に見えてわかる結果はありません(笑)

あとはペグ。最近、ロック式のペグが付いたグレッチを弾く機会があったのですが、肌に合わなかったなぁ。オリジナルペグにもだいぶ慣れてきたので、このまま使いこなしていこうかなと思っている次第であります。いやなんか、単純に、穴を空けるのが、イヤだ!!チューニング狂わないような弾き方で弾いて使いこなせばいいだけやん、という感じですね。

冒頭でも書きましたが ギターは道具だけれど、いのちが宿っているものだと私は信じている。だから、ギターを道具みたいに扱う人には絶対にならない!!

ブロさん日記⑯」のコメント

  1. Hiccup Kenny より:

    良い傾向だと思いますよ~!最新のギターに「合わない」理由はそれだけプロさんに近付いた証です。たま~に違うギターを弾いた時に持つ違和感、そのあとに愛器を持った時に「ホッ」とする思い。どんどん愛器との距離が近付いていってる証拠で最終的には相性ドンピシャになります。

    相手はモノですから、相手から合わせに来てくれないので自分から近付いて行かなきゃ、ですね。

    最近はいろんな便利なパーツがあり簡単に弾き易く改造できたり、ネックをリシェイプしたり出来ますが、本来は弾き手が楽器に合わせて行くものだと思います。

    僕は愛器にネジ穴ひとつ開けるのも嫌です。楽器に申し訳ない。それに僕の手に渡るまでに大事に大事にしてきた前のオーナーやその前のオーナー、もしかしてその前の前のオーナーに対しても申し訳がない。更に言うと僕の愛器を将来手にするかも知れない次の世代か、次の次の世代に対して申し訳ない。だから大事に大事に弾いてあげる事が「人間より長い楽器の生涯」の中で、今この瞬間に所有させて頂いている者の義務だと思っています。

    チエちゃんのブログを読むと楽器に対する愛情をとても感じます。良いオーナーさんに恵まれてプロさんもさぞかし幸せだと思いますよ。

    ちなみに僕も愛器には名前をつけています。Kay子ちゃんとGib美さん。僕よりもはるかに年上の大先輩です。ありがたくシバかさせて頂いています(笑)。

  2. しん より:

    経験は生かせたら宝物♪

コメントをどうぞ(※コメントは管理者の承認後に反映されます)

内容に問題がなければ「コメントを送信」ボタンを押してください☆