Blog

お久しぶりです。

2018年8月13日更新

久しぶりにブログを書きます。(唐突)

2018年に入ってから、はじめての日記になってしまいました。もう8月なのに。ふと、記録を残しておきたくなりました。

今年の1月はBSOの来日でブライアンにブロさんにサインして貰ったり、2月は蒲郡BUZZ HOUSEでワンマンしたり、3月はブロさんのネックが真っ二つに折れてしまったり(この辺から心折れる。レッドクロスのリハで号泣→イカリさんに慰めてもらう)、、、、、、

4月、そんな地獄のような日々の真っ只中に、ジェイソンからBLAST CULTのNC/DC Chieモデルが届く。

5月はシェルターでウルフベイツワンマンライブ、7インチAustin Texasを発売する。

ヌーディスーツをワンマンの為に自力で作る!!(これ重要)

などなど…

天国から地獄に突き落とされてまた這い上がって…のような波乱万丈な日々を送ってここまできましたが

今日書きたくなったのは、たぶん、今日のリハでブロさんの音がすごく良かったから!!

怪我の功名とは良く言ったもので、ブロさんは真っ二つに折れたのをくっつけて貰ってからというもの…毎回、とんでもねえ音を出してきます。

折れる前とは、確実に違う!絶対に違う!

怖いほどのその凄味に、弾いてて自分でぞくぞくする瞬間があります。あぁこれが、本当のビンテージなんだ、と。

それともうひとつ

最近、今までとは全く弾き方を変えることにチャレンジしていて、まだ慣れていないけどそれがものすごーく楽しいです。

いままではブースターを踏んで音量を上げるスタイルだったけど、もうペダルは一切踏まずにマスターボリュームでコントロールするようにしたのと、

たとえアナログディレイが無くても、たとえマーシャルやJCを使わなきゃの時でも、特に気にしないようにしました。

だから、ウルフベイツリハでは最近は、マーシャル900にブロさんアン直。

ペダルボードを持ち運ぶのが重い、という理由をきっかけにどんどんシンプルにしていったら、ギター本体の音色のバリエーションだけでも何十通りも作れる事に気づく…。

いままでフルテンであたしゃなにをしてたんだい、と思うわけです。

結局、素晴らしいギターがあって、その良さを引き出してあげられる腕があれば、あとはなんの機材でもいいっすよ的な境地の、始まりの扉が開いた感じです。

誤魔化しの効かない男の浪漫がグレッチにはある!

 

それと、もうひとつうれしいニュース。

レザークラフトのDOVE OVERALLというブランドをしてるシモくんが、サプライズで、DOWN BY LAWベルトを作ってくれました。見えるかな?カッコイイ〜!!

今度、ライブでするので是非目撃してみてください。アクリルスタッズもカラフルでとっても可愛くてお気に入りです。シモくんありがとう。

コメントをどうぞ(※コメントは管理者の承認後に反映されます)

内容に問題がなければ「コメントを送信」ボタンを押してください☆